« 2005年05月 | メイン | 2005年07月 »

2005年06月28日

リハ

きのうから 連日リハ。月曜日の午後は 阿佐ヶ谷で ギターの吉久さんと、1日(金)にやるライブのためのリハ。吉久さんのオリジナル曲を演奏していると 自分の中の心象風景が呼び覚まされるような感覚を ふと感じることがある。特に、"巡回バスはゆっくり走る"は 次の日になっても頭の中でくりかえし聞こえる印象的な曲だ。会場の国分寺「クラスタ」というお店、私は初めてだが、アコーステックギターの人たちがよく演奏している店だそうで、響きがいいという話だ。

夜は 「コネチカット・アーバン・シンジケート」のリハ。午前中、前日からコピーしていた曲を数曲、譜面に直したのだが、それでも間にあわず、移動する電車の中でコピー。30日のライブは 2ステージやるので レパートリーを増やすということらしい。 新しいレパートリーの中の"べサメムーチョ"が、吉久さんの曲と交互に頭の中に現れ、くりかえし鳴っている・・・

今日の午前中は あおいさんとリハ。うたとハープとピアノのアンサンブル、だんだん感じがつかめてきた感じだ。秋にライブをやってみようと 準備を始める。部屋を整理したときに出てきた「カノン」の中のひとつを うたとピアノでやってみた。「カノンって ピアノの練習曲よね?」といわれ、「??・・・それって、ハノンのこと?」という一幕もあったが・・・とにかく このカノン、精緻で とてもおもしろい響きがする。

投稿者 yokomiura : 23:21 | コメント (0)

2005年06月27日

日曜日

今日は 早起きしてプールへ行った。外は 真夏のような暑さ!咲きかけのアジサイが季節外れに見えてしまう。プールから出て、Taraというタイ料理レストランで グリーンーカレー( 500円!!)を食べ、家に戻り、ライブでやる曲の準備。
7月1日にデュオをやるギターの吉久さんのオリジナル曲、
30日にコネチカット・アーバン・シンジケートでやる曲のコピー(ボサノバだけでなく、松田聖子、ジュリーもやる・・・)をした。
夕食は 生野菜と温野菜のサラダ2皿に コーンスープ、冷奴、玄米 etc。
デザートのメロン。冷えていておいしかった。

投稿者 yokomiura : 00:51 | コメント (2)

2005年06月22日

終電には乗り遅れてしまったが・・・

きのうは 後関さんの家で FM「知られざる名作」のための収録。
選んだCDをバックに放り込み、電車の中で 曲の説明の文章を考え、ノートに書き留めたりしているうちに駅に着いた。後関さんの愛犬、マルが大の字になって眠る横で、マイクに向かいナレーションを録音。2時間ほどで終わったが、しゃべるのも けっこうオナカがすくことを実感した。
夜は アップリンク・ファクトリーで催されたコンサートに行く。American Cherry, Kiiiii, 知久寿焼+Jhon、Dragibus, Juicy Panicが出演。Kiiiiiは 初めてみたが、すごい!!おもしろかった。犬のJohnの歌うのも 初めてきいたが、あの声の響き・・・!いつまでもず~っと聴いていたい不思議な感触だ。それから Juicy Panicのまみちゃんの のびのびとした感性、素敵だなと思った。
終電には乗り遅れてしまったが、充実した一日だった。

投稿者 yokomiura : 07:29 | コメント (2)

2005年06月15日

母とピアノ  2

今回は、ショパンだった。冬のソナタを弾けるようになった母の次のリクエストは、「戦場のピアニスト」のテ-マ曲に使われたショパンのノクターン。
母は、私の演奏を録音したものを聴いて覚え、ピアノを弾く。しかもそれと並行して、拡大鏡で楽譜を丁寧に見ながら確認するので、うかつに間違えられない。知らず知らず、真剣になっている自分自身に気がつき、思わず笑ってしまった。どちらが生徒なのか、わからない・・・
 
最近 目がかなり不自由になった母だが、ピアノだけでなく、お習字をしたり、ラジオを聴いたり、料理やお洒落を楽しんだり、その前向きな姿勢は 健在だ。


投稿者 yokomiura : 23:58 | コメント (0)

2005年06月10日

母とピアノ

明日から福岡に帰省。母に会いに行く。
10年ほど前から、帰省するたびに母のピアノのレッスンをするようになった。
あらかじめ、母のやりたい曲を 私が演奏して録音し、拡大コピーした楽譜と共に送る。
それまで まったくピアノを弾いたことがなかった母だが、もともと好きだったのだろう。最初のうちは、楽譜の記号がわからなかったせいもあり、数ヶ月たって帰省したとき いざ目の前で演奏するのを聴いてみて ノケゾリそうになったりすることもあったが、最近は タッチもしっかりしてきて 次々と好きな曲を楽しんでいる。
ただ、母が弾きたいと思う曲は、日頃、耳にする曲全般にわたっているので、難易度と関係ない。リストの愛の夢だろうが、冬ソナだろうがおかまいなし。「これ、弾いてみて」と私に楽譜を渡し、ピアノの横で 耳をダンボのようにそばだて目を輝かせている母を見ていると、どっちがレッスンされているのかわからなくなる。今回は どんな曲弾かされるのかな・・・

投稿者 yokomiura : 00:03 | コメント (0)

2005年06月03日

ジェフリー・ディーバ

ミステリー、5月の始めに「Coffin Dancer」を読み始め、「Blue Nowhere」、「悪魔の涙」、「万華鏡の迷宮」、そして おととい「静寂の叫び」をよみ終えた。今 読んでいるのは、先週、吉祥寺の古本屋で見つけた「ヘルズキッチン」。
万華鏡の迷宮を除いて他は全部 Jeffery Deaverの作品だ。手品師、筆跡鑑定人、飛行機の操縦士など、登場人物の住んでいる世界が生き生きと描かれ、知らず知らず惹き込まれてしまう。コンピューター犯罪をあつかった「Blue Nowhere」は 知らない単語が飛び交い、最初は コンピューター"音痴"の私にとってかなり難解ではあったが、読み終えるころには、テクノロジーの世界に親近感を覚えるほどになっていた。(単純・・・?) 
もちろん、話の内容は もう最高!!! 
当分、寝不足が続きそうだ・・・・ 

投稿者 yokomiura : 11:03 | コメント (0)

2005年06月01日

不二家

昨日は ペンギンハウスでライブ。久しぶりに高円寺に行く。あれっ 商店街の入り口にあったはずの「不二家」がない!!子供のころから親しみのある「不二家」、高円寺で見つけて以来、ライブ前に時々食事に行っていた。ただ ここのメニューは 単品で食事と飲み物を注文するより ケーキ付きのコ-スのほうが断然安くあがる。ケーキはいらないんだけど・・と思いつつ、いちど 思い切ってたのんでみた。結果は 大きなショートケーキの最後の一口を食べる頃には、もう睡魔がおそって来るくらい満腹になり、その日の演奏は睡眠モード。演奏前、甘いものを食べ過ぎるのは良くないらしいという教訓を得(勝手に思い込み) 以来、ライブ前は甘いものを断っている。そんな思い出のある不二家だが、もうなくなってしまうのかな? 改装して大きくなるのかな?気になる・・・

投稿者 yokomiura : 10:46 | コメント (0)