« 2017年06月 | メイン

2017年07月22日

ライブキッチン8月 2017年

7月は 5日から8日の4日間、つくばで催された世界音楽療法コンベンションに行ってきました。目的は、7日にアフプヤンで、パフオーマンスに出演することでしたが、各国の音楽療法のいろいろな試みにも興味を持っていたので、10つほどのレクチャーに参加してみました。毎朝8:30から大ホールで開かれる2時間ほどのspotlight session、「音楽療法と高齢者のwellbeing」「音楽療法とトラウマワーク」などのテーマ、その他、Hip Hop culture, インド音楽、即興的演劇を取り入れている療法士たちのアプローチの仕方など、今までの演奏活動では触れることのなかった世界を体験することができ、とても新鮮で充実した時間でした。
7日の演奏は、4階まで吹き抜けのガラス張りのロビーに設えられたステージで、レクチャーの間の昼休み、各グループ 搬入、搬出込み20分という制約の中で行いましたが、ステージのモニターに荒井さんの映像が流れ、賃貸人格がテルミン、私がピアノを演奏し、大きな拍手をもらいました。当日まで、スクリーン、時間のことなどで頭を悩ませていたので、とにかく、無事終わってほっとしました。
14日は ペンギンハウスで、内田さんとのDUO。先月、ヒグチさんと演奏したsummer timeを三味線とのDUOでやりたかったのですが、当日、内田さんから、三味線の皮が破れていたのに気がついたので、今日はかわりに、何か持っていきますとの連絡を受けました。いつもとは全くちがう展開になりましたが、私としては、新しいイメージをもらい、楽しかったです。
21日はヴィオロンで、黒田オサムさんとのDUO。最近、1ステージ目は、ピアノからテーマを出し、2ステージ目は黒田さん主導で行っているのですが、この日、私は新しい試みの即興、黒田さんは、カスタネットからはじめるパフオーマンスを行いました。長く行っているバンドで、次々とあたらしい空間を生み出していけるのは、とてもうれしいです。

8月は9日、ペンギンハウスで、斉藤(社長)、サチエ、三浦のトリオ、18日にヴィオロンで、中尾、三浦のDUOで、久々、完全即興演奏を行います。
コンセプトのある即興もおもしろいけど、100パーセント制約なしというのも、何が現れるか予測できない楽しさがあります。

ちょっと先になりますが、9月は、福岡の母の家に里帰りするときに、福岡の水族館喫茶で長沢さんと二人で、演奏します。(ちなみに、元水族館があった場所ということで、魚はいないと思います。)
久しぶりのDUO、とても楽しみです!!

投稿者 yokomiura : 14:10